Copyright ©BANDAI Hobby Products Department 2001-2006 All Rights Reserved.
商品検索     
商品一覧再販商品案内キャンペーン

MG シリーズ [ 1/100スケール ]

GF13-021NGガンダムシュピーゲル 発売 2002.08
価格 ¥ 2,625(税込)

モデル概要
  GF13-021NG ガンダムシュピーゲルは、第13回ガンダムファイトに向けてネオドイツが開発したMF(モビルファイター)である。ガンダムシュピーゲルの最大の特徴は、GF(ガンダムファイター)であるシュバルツ・ブルーダーの駆使するゲルマン流忍術を寸分違わずにトレースし、穏行、変わり身、分身などといったトリッキーな技の再現、発動を可能としていることだろう。それは単に“身体的”な挙動のトレースのみならず、時には綿密な下準備などを必要とするはずの“忍術”を、MFによって再現するという驚異的な技術力である。まさしくゲルマン、あるいはプロイセンマイスターの職人魂を感じずにはいられない。“ゲルマン流忍術”の工業的再現のための手法の詳細は知る由もないが、あるいは、開発に当たったスタッフ自体が、ゲルマン流忍術を継承する技術者集団の一員であった可能性もあるだろう。そもそも“ゲルマン流忍術”という技能技術体系そのものに違和感を覚える向きもあるだろうが、ネオジャパンの戦国時代に固有の存在であるはずの“忍術”が、なぜネオドイツに存在するのだろうか。
 ネオジャパンは歴史的に、ネオドイツを規範として近代化を達成した経緯があり、その影響下にある文化や技術が数多く存在する。医学や刀剣や刃物類の工業的生産などに始まり、軍事教練などはゲルマン流を採用している(ドイツ式は陸軍で、海軍はイギリス式)など、ネオジャパンとネオドイツは意外に長い歴史的交流を持っているのである。ある時期は軍事同盟を締結していたこともあり、“忍術”を会得し駆使する諜報技術者集団である“忍者”が、技術指導や文化交流などの形でネオドイツに採り入れられ、その後独自の発展を遂げたとしても何等不思議はないだろう。例えば、ネオジャパンにおいても医療用語など、長くドイツ式が主流を占めていたのと似たようなものである。
 かくして、ガンダムシュピーゲルは“ゲルマン流忍術”を駆使する機体としてロールアウトしたが、GFの予選に相当するサバイバルイレブンの期間中に、デビルガンダムとの交戦により、GFである“本物の”シュバルツ・ブルーダーが倒されてしまったらしい。そして、DG細胞が作り出したサイボーグがシュバルツに成り代わってGFを務めていたことが後に判明している。
 このサイボーグ・シュバルツは、デビルガンダムの生体コアとなっていたキョウジ・カッシュの容姿や記憶、意識を持っていた。これは、デビルガンダムとの交戦によってガンダムシュピーゲルに感染したDG細胞が作り出したものだとされている。40年前に破棄されたファラオガンダム3世が、DG細胞に冒されたがために復活し、当時の搭乗者であるダハール・ムハマンドの無念の記憶さえも蘇らせたことを考えれば、ガンダムシュピーゲルの機能のみならず、本物のシュバルツが会得していた“ゲルマン忍術”さえもサイボーグキョウジ=シュバルツ・ブルーダーに継承されたとしても不思議ではない。また、本国の支援もなしにサバイバルイレブンを闘い抜いてこれたのも、恐らくはDG細胞の自己再生能力によるものと推察できる。デビルガンダムの三大理論「自己再生」「自己進化」「自己増殖」の各機能は、コアとなる生命体の精神力に依存する。キョウジ=シュバルツは、その強靭な精神力によって、DG細胞の再生機能以外を不活性化させ、機体を自らの支配下に置いていたのだろう。少なくともキョウジ=シュバルツにとっては、ネオドイツ代表としてガンダムシュピーゲルを駆りGFを闘い抜くことだけが、本物のシュバルツ、ひいてはネオドイツに対してできる唯一の償い、あるいは敬意の表し方だったのではないだろうか。本来なら可能であったはずの「進化」「増殖」を封印していたのが、それを物語っている。

PARTS特長(パーツ概要)

パーツ名:Spiegel blade
両腕のブレ−ドは展開し、手に持つことが可能。
パーツ名:Cockpit hatch
コクピットハッチは開閉式。
パーツ名:Schwarz Bruder
パーツ名:Rain Mikamura
ネオドイツ代表のガンダムファイター、シュバルツ・ブルーダーと、ネオドイツの制服姿のレイン・ミカムラの2体フィギュア付き。
 
パーツ名:Action frame
内部に組み込まれるアクションフレームにより、各部の大胆な可動と様々なファイティングアクションポーズを実現。今までにない「動」的な演出が可能。
 
 
パーツ名:Core- lander
コクピットとなるコア・ランダーは、キャノピー開閉に加え、変形してガンダムシュピーゲルのボディに装着可能。
 
パーツ名:Fighting Action
内部に組み込まれたアクションフレームにより、モビルファイターの最大の特徴である大胆な格闘ポーズを実現!!